« エコハイムキッズサイト | トップページ | フードマイレージ »

2008年5月24日 (土)

夏の省エネ・食べ物編

 今日は30℃になろうかという暑さ、我が家のご飯やおかずの残り、食材などの保存方を紹介します。

 ご飯は2.3日分くらいいっきに炊き、炊きたてを食べた残りのうちその日に食べる分は保存容器に入れて冷蔵庫へ、、残りは1食分ずつに分けて冷凍保存します。これで食べるのが数日遅れても安心です。炊飯ジャーで保温するより味も落ちないし、食べたい時レンジでチンするだけなので省エネです。せっかく深夜電力で安く炊いたものを高い昼間の電気で保温するのはもったいないです。

 おかずは炒め物、煮物など、少し余分に作って冷凍保存します。仕切りのある容器に、私は製氷皿を良く使います、アルミをしいて、何種類かづつ保存しておくと、お弁当や、朝食、昼食の1品になってとても助かります。とくにキンピラやひじき煮などお弁当にそのまま入れておけば、自然解凍され、ちょうど食べごろになるので省エネです。

味噌汁なども腐りやすいので、蓋のできる縦型の容器に入れて冷蔵庫に入れれば1日くらいは大丈夫です。

ほうれん草や小松菜、ブロッコリー、にんじんなどもゆでてから冷凍しておけば味噌汁の具や温野菜サラダなどに便利です。長ネギも刻んでから冷凍しておけば薬味など面倒なくできます。しょうがはすりおろしてから保存、油揚げも刻んでおけば味噌汁などに便利です。

魚はエラと内臓を取って1匹ずつラップに包んでから冷凍保存袋へ、切り身も1枚ずつ包んで袋へ、お肉は小分けにして包んでから、ひき肉などは製氷皿でキューブ状に冷凍しておくと必要量使えて便利です。ハンバーグや餃子、ワンタン、から揚げなども小分けにして冷凍しておけば使いやすいです。

大根おろしも冷凍OKです。キューブ状にしておけば,おろしそばなど簡単に食べられます。

いずれも冷めてから入れることが肝心です。自家製冷凍食品なので安心して食べられます。そうは言っても業務用ではない家庭の冷凍庫、早めに食べるようにしましょう。

437 663 659

604

エール、レーツェルどっちかな?

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 犬ブログへ

« エコハイムキッズサイト | トップページ | フードマイレージ »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事