« 節水対策 | トップページ | シャンプー »

2008年8月 7日 (木)

バーチャルウォーター&太陽熱発電の日

 バーチャルウォーターって知ってますか?私はかすかに聞いたことあるかな~と言った程度で内容は知りませんでした。今回節水対策を書くために見ていたサイトに詳しく載っていたので紹介したいと思います。

 バーチャルウォーターとは、食料を輸入している国がその輸入食料を生産すると仮定した時必要となる水のことだそうです。野菜や小麦を栽培するための水、牛や豚を飼育するための水、飼料にする植物や野菜を育てる水など、スゴイ量の水が使われています。多くの食料を輸入に頼っている日本は生産に必要な水を間接的に輸入しているといえます。環境省のデータによると日本が輸入したバーチャルウォーターの量はおよそ800億㎥、これは国内で使用される年間水道使用量の8倍になるそうです。

 輸入食料はフードマイレージも高く、CO2排出量も多くなります。日本には四季がありその時々の旬の食べ物があります。自然と対話しながらスローエコライフを目指してみたいと思いました。

 8月6日は太陽熱発電の日だそうです。

 1981年香川県の電源開発仁尾太陽熱試験発電所で世界で初めて太陽熱発電に成功したのを記念して制定されました。残念ながら実用レベルの発電はできず4年で中止されてしまいましたが、当時は画期的な出来事だったそうです。

 こうした研究が繰り返されて、私達が今使っている太陽光発電システムもできたのかなと思い、あらためておひさまに感謝です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 犬ブログへ

« 節水対策 | トップページ | シャンプー »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事