« トマトスープ | トップページ | 9月の電気代 »

2008年9月16日 (火)

電気契約の見直し

 博士の新シリーズ オール電化使いこなし術を読んで、もう一度きちんと東京電力の契約種別と売電について調べてみました。買電シミュレーションはホームページから簡単にできるのですが、売電は契約種類によって単価が異なるし、計算の仕方も複雑で、つい面倒で、1年間通しての比較をしていませんでした。今回頑張ってみたのが下の表です。
(画像をクリックすると拡大します。)

電気契約別シミュレーション

上の表をみてわかるように、この1年間ではナイト8は買電では電化上手に比べ505円少なくなりましたが、売電は電化上手がナイト8より4,618円多く、差し引き電化上手のほうが4,113円お得でした。

 東電さんにはお得なナイト10という契約もあります。これは下の図と表を見ていただければわかるように、深夜電力時間がナイト8に比べて朝、晩、1時間ずつ長くなりますがその分買電単価も高くなります。選ぶポイントは長くなった2時間にどれだけのことができるかということになりそうです。第1段階から第2、第3への使用量も少なく設定されているので、電力使用量が多い家庭にはむかないかも知れません。

 売電の買い取り価格は買電量によって決まるので、第3段階が200kw以上と低くなっている分買電が少ない人にはお得になりそうです。

 今回ナイト10のシミュレーションはできなかったのですが、光熱費ナビがあるお宅では簡単にできそうですね。

<おトクなナイト>

おトクなナイト

<電化上手>

電化上手

<余剰電力の購入単価>(画像をクリックすると拡大します。)

電気契約別シミュレーション

 電化上手以外の売電計算方法は大変複雑で、窓口などでも間違えてしまうことがあるくらいで・・私も何度か聞いてやっと理解できたのですが、皆さんに説明できる自信はありません。ごめんなさい。

  表やグラフのUPはFANサイト事務局の方に助けていただきました。ありがとうございました。

 応援団メンバー募集のためのブログコンテストが開催され、ブログ開設のためのサポートページもできました。今回の私の記事のようにパソコンに自信がなくても、強力にサポートしていただけますので安心ですよ。お仲間が増える日を楽しみにしています。

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 犬ブログへ

« トマトスープ | トップページ | 9月の電気代 »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事