« 10月の電気代 | トップページ | あったかハイムキャンペーン »

2008年10月17日 (金)

築5年を振り返ってつけてよかった設備編③

 窓へのこだわり、番外編

  我が家の窓は90%が引きちがい窓で、違うのは1階トイレと洗面所のみ。2階は子供部屋からバルコニーに出るために勝手口ドアと同じものがあるだけで、他はトイレも含め全て引き違いです。fixはありません。角地できれいだからビューウインドーや今はやりの縦に細長い窓を並べてもきれいですよといわれましたが、使い勝手と防犯性重視、開けやすい引き違いを選びました北側を除き1.2階全てシャッターをつけました。北側1階は面格子がついています。私は朝起きるととにかく家中の窓を開ける人・、美しくてもいちいちくるくるハンドルを回すタイプは面倒なので、これは私にとっては、正解でした。もちろん階段にあるお気に入り窓も引き違い、必ず毎日開けるから、開けやすい位置にとお願いしたので、昇り降りの途中すぐとなりにあって、手を伸ばす必要もなく、カフェカーテンの洗濯も楽チンです。

現在午後1時30分を回りましたが、1階ダイニングの気温は25度、PCのある2階、本棚のある部屋は26度です。家中の窓が開いています。風がほど良く抜けて気持ちが良いです。

リビングドアを開けると階段が見えます。ドアを開けておくと階段吹き抜けの煙突効果でリビング内の暖かい空気を2階に運んでくれます。夏は1階の熱気を逃がし、階段窓から入った北側の涼しい空気をリビングに運んでくれ、クールファクトリーの役目もしてくれます。

712  200810161357000

リビングから見た階段      階段の窓 

 NO7 照明

  我が家での照明計画の基本は 電球交換などしやすくする。使い勝手が良い、節電タイプを選ぶことでした。そのため白熱球を使った、天井につくダウンライトは3箇所のみ、部屋は天井つけのシーリングライトで省エネ、インバータータイプ、取り外ししやすいものにしました。階段も壁付けのものを2つにしたので、楽に球交換ができます。それは歳をとってからの安全性を第一にしたためです。お風呂の電気も壁付けなので気に入ってます。入居当初はリビングは白熱球を使ったシャンデリアでしたが、1ヶ月くらいで電球型蛍光灯に変えました。明るさや雰囲気に違和感はないです。その電球をお風呂やトイレの交換用にとってあるのですが、5年たった今でも、1つも切れたことないです。

200810161358000 200810161357001_2

 階段灯           左階段灯 右24時間換気の排気用換気扇 

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ にほんブログ村 犬ブログへ

« 10月の電気代 | トップページ | あったかハイムキャンペーン »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事