« 大地震 | トップページ | 計画停電 冷蔵庫での工夫 »

2011年3月18日 (金)

続大地震

 悪夢のような地震から1週間。

 断水も復旧し ようやく地元駅まで電車も通るようになり、高速道路も部分的ですが開通しました。

 ガソリンや牛乳、パンなどはまだまだ不足で値段も上がっていますが、家には被害もなく生活しております。

 このたびFANサイトのお仲間から暖かいメッセージをいただき、本当にうれしかったです。
心からお礼申し上げます。

 被災された多くの方々にそんな皆様の素敵な気持ちが少しでも届けばと思い記事にしてみました。

 福島県では地震、津波の被害に加え、原子力発電所の被災によって、放射能の脅威にもさらされています。
私の住む市にも2,3日前から多くの避難者が、市役所などに非難されています。
床にお布団を敷いて、区切りは段ボールというプライバシーも保てないような不自由な生活を見ると、私は本当に幸せだと思いました。

今日もスーパーで福島県から伯母さんを頼って避難してきたという方とお話ししました。
2日ほど地元の体育館に避難していたが、こちらに来て暖かいみそ汁やうどんが食べられて嬉しかったと。スーパーに品物があるなんてとお子さんやおばあちゃんのために買い物をしておられました。

私には今まで以上に節電、節水に励み、エールを送ることくらいしかできませんが、おおくのみなさんの暖かいお気持ちに重ねて応援したいと思います。

義援金詐欺やガス会社の社員を装って点検と称し、料金をだまし盗る詐欺に注意してくださいというニュースが流れました。

とっても悲しいことです。

« 大地震 | トップページ | 計画停電 冷蔵庫での工夫 »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事