« 計画停電 冷蔵庫での工夫 | トップページ | 続ソーラーの自立運転 »

2011年3月26日 (土)

ソーラーの自立運転

 ソーラーには自立運転システムがあるということを知ってはいましたが、幸い今まで使うこともなく、過ごしてきました。

 我が家では大地震直後の停電もなく、被災地ということで計画停電からも外れているため、今のところ自立運転を使うことはありません。
しかし、日に何度も強い余震もあり、油断できないと思っています。夏に向かって電力不足も今以上に厳しくなるのではと想像しています。

そんな時に備えて自立運転について少し勉強してみました。

 使える電力はパネルの容量にかかわらず最大1.5kw、。パネルとインバーター一つを一般的には2系統で繋いでいるようで、一つのインバーターで3kw対応していることが多いそうです。(各家によって違うので要確認です。)2系統のうち一つを非常用コンセントにつなぐそうなので、1.5kwになるようです。 これは100%発電したときなので、晴天でも70%位とみて1kwかな?

 炊飯や洗濯など時間がかかるものは、雲が出たりで発電量落ちてしまうと、途中で切れてしまうので、かなり天気が安定していないとむずかしい。切れた場合にはまた初期動作から始めなくてはならない。

 エアコンなど始動時に多くの電力を使うものは向かない。

 パソコンなどは急に電力不足で切れてしまうと、故障の原因になることがあるので注意

 一般的にはモーター系の家電は始動時に多くの電力を使うものが多いので注意。

 今のところ私の考えているのは、情報を得るためにラジオ、携帯電話の充電、冷蔵庫
弱電力でのコタツ、くらい・・なんとか電気ポットでお湯沸かしか保温ができればカップラーメンくらい食べれるけどが希望です。

 特に携帯の充電は時間そうかからないし、ご近所の方のもやってあげられるかなと考えています。

 今の時期には皆さんとコタツに入れるだけでも心強いし、気持も温まりますよね。

 災害時にはパネルは自分だけのものと思わずに、少しだけでも皆さんと分け合って使えるようにできればと思っています。
買電単価値上げはパネルをつけていない皆さんからも少しずつ負担していただいて実現できたのですから。

 長くなったので続編でわがのシステムでの自立運転への切り替えの仕方を紹介したいと思います。

« 計画停電 冷蔵庫での工夫 | トップページ | 続ソーラーの自立運転 »

ハイム日記」カテゴリの記事

応援団」カテゴリの記事