« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月23日 (火)

節電と窓

 

 猛暑も秋雨前線のおかげで一休み、と思ったのもつかの間また蒸し暑さが戻ってきました。

 

 建て替えを検討しているころは窓ガラスの性能について、なんとなくペアガラスは良いといった程度のこだわりと知識しか持っていませんでした。
私が一番こだわったのは通風と日当たり、エアコン嫌いなこともあって、自然の光と風を取り入れる窓の大きさ、位置、数についてはしっかり打ち合わせて、各部屋最低3方向からの通風、明るい掃き出し窓という私の要望を実現していただけました。
そのおかげで夏もかなり涼しく、冬暖かい家ができました。でも、その実現には実は大きく窓の性能が関わっていました。
アルプラサッシは内側は樹脂を使っているため夏の日差しでも家内の窓枠は暑くならず、ペアガラスはほんの少し冷やしただけでも温度を保ってくれます。
冬は大きな掃き出し窓から日差しをたっぷりとりこんで、壁や床に蓄熱してくれるので、早めに窓を閉めれば暖かさを保ってくれます。
デザイナーさんお勧めの吹き抜けになっている煙突効果のある階段の大きな窓は、階段途中にあって、簡単に開け閉め出来て、夏は1階にこもった熱い空気を逃がしてくれ、冬は暖かいリビングの空気を2階にあげてくれます。その上2階の部屋のドアを開けておくと北側から涼しい風を部屋に取り込んでくれる私の一番お気に入りの窓です。
おかげさまでエアコンの出番は少ないです。

日当たり通風計画の成功と窓性能の良さは大きく節電にも貢献してくれることを実感しています。

犬たちを見ていると家の涼しい場所がわかります。暑くなると2階階段窓のある廊下か玄関などの下玄関タイルに寝ています(笑)

 

  201010060930001  201010060932000


2011年8月 8日 (月)

7月の電気代と発電量

  早くも8月でも曇りがちの日が多くて蒸し暑いです。

   先日水戸黄門で有名な風車の弥七とお新のお墓を見てきました。弥七のモデルになった優秀な忍者が実在していたということでした。

仲良く並んだお墓には風車が飾られ、厳しい忍者の世界にも夫婦でのんびりする時もあったのかなとなんとなくホッとするひと時でした。

 110706_132405_2  110706_132241


  

 7月の電気代と発電量です。(6月14日~7月13日) 30日

 買電 288kw 支払額 3,652円  昼間 3kw 90円

 売電 142kw  受給額 6,816円  朝晩 54kw 1,249円

 実質電気代3,164 円    夜間 231kw 2,118 円

 発電量 202kw  売電率70 % 夜間率 80%

 自給率 70%  

 1日当たり 買電額 122円   売電額  227円

 

 

2011年8月 1日 (月)

大地震その後

 3月11日の大地震から早くも3か月余りがたちました。私の近隣でも液状化被害や屋根瓦が落ちたり、大谷石の塀が倒れたり、お墓が倒れるなどの被害が数多く起き,また多くの研究所や大学でも研究データーや精密機器などに甚大な被害があったようです。
合わせて原発事故による放射能汚染のこともあって、多くの問題が残っていて、まだその多くが復旧されてなくて、ブルシートがかかったままの家を見ると悲しくなります。

ハイムさんもそれぞれのお家のお困りごとに丁寧に対処してしてくださっています。

昨日我が家にもひずみがないか調べに来てくださいました。明け方震度4の地震があったばかりなので良かったと思いました。

110731_094006  110731_094224

家の四隅に写真のようなスケールを建ててひずみがないか計ります。この段階で問題があると振り子を垂らしてみたりしてさらに詳しく計測するようですが、我が家は幸いにも誤差3ミリということで、何の問題もないと判定されました。これで安心です。
近くのハイムさんには道路が下がってしまったために家は大丈夫でも玄関までのアプローチに段差ができてしまった家もあります。築年数はほぼ同じなので地盤が大切だということを実感させられました。

ついでに階段にある24時間換気の換気扇の音が大きいので見ていただきました。原因はいまいち不明?なのですが換気扇を交換していただき様子を見てくださいということで、とりあえず静かになって助かりました。この部分の交換は2回目です。

心配事にきちんと対処してくださるハイムさんにして良かったと、感謝の1日でした。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »