« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月26日 (水)

レーちゃんありがとう

 8月25日  レーツェル(9歳6か月)は千の風になって旅経ちました。

 Aaa_243   Aaa_250  Aaa_275

 シズクの月命日にあたる22日に具合が悪くなり同じようにたった3日で旅経ってしまいました。
さみしがりのシズクに呼ばれたのでしょうか.....動脈解離...事故にあったようなものと動物病院の先生に言われましたが、あまりに早く、突然のことにただ泣くことしかできません。1年に2頭の宝を失ったショックは大きいです。
エールは私のそばを片時も離れようとしないでさみしさを共有し、慰めてくれています。
最後もっと息がしたいというように大きな口をあいて首を振って頑張ってくれたレーちゃんもそのあととっても穏やかな優しい顔をして、大好きなおもちゃを抱えてシズクのもとにかけていきました。
今頃は先に逝った犬たちと1週間前元気やっていたジャンプやスラロームを楽しんでいることと思います。

 今までかわいがってくれた皆様本当にありがとうございました。

2015年8月25日 (火)

スーパーフォーミュラー全日本&MFJ全日本ロードレース初観戦

 愛車を購入したディーラーさんにEnjoyHondaのチケットをいただいたので茂木ツインリンクに行ってきました。

 Dsc_0110  Dsc_0114  



 賑やかなツインリンクではたくさんのイベントが開催されていて、好奇心旺盛な私は耕耘機の運転を初体験したり、むかしのレーシングカーを見たり、くじ引きをしたり、してきました。

中でも一番楽しかったのはその日行われていたスーパーフォーミュラー全日本第4戦決勝、

バイクのMFJ全日本ロードレース第5戦決勝をチェッカーフラッグが振られるゴール地点正面の席で観戦できたことです。

バイクの時にはあいにく雨が降ってきたのですが直ぐに止んで、近くの席のとっても詳しい方に教えてもらいながら迫力の音と走りを体験してきました。

雨のせいか数台のバイクが転倒してバイクが吹っ飛んだのを見てびっくり、けがは大丈夫だったのかなとかドキドキしながら観戦しました。
いよいよ最終ラップ、最後のコーナーで1位.2位が接触、転倒したのですが直ぐに起き上ってゴールイン、2位のバイクもだいぶ下がってしまいましたが無事ゴールできたようです。
ゴール前の接触、転倒はよくあることだそうですが、ゴールまじかでの転倒は悔しいだろうとおもいました。


スーパーフォーミュラーはF1がフォーミュラーレースの世界最高峰、いわばメジャ―リーグに対して日本最高峰、いわば日本のプロ野球に当たります。
フォーミュラーレースとはレース用に作られた1人乗りのマシンで戦う競技のことで4つのタイヤがボディでおおわれていないのが特徴だそうです。

スーパーフォーミュラーはシャシーとタイヤはみな同じものを使用して行われるので、ほんの数ミリの車高の調整などでも成績は変わってしまうようです。

シャシーはイタリア製でエンジンはトヨタかホンダをチームによって選択、タイヤはブリジストン。

エンジンは普通乗用車と同じ2000CCだと聞いてびっくり、それにターボチャージャーをつけて、少ないガソリンで大きな力を出せる工夫をしてフィットやウィッツなどの5倍以上の力が出せるそうです。

競技中の爆音を聞いてどれだけガソリンをばら撒いているんだろうと思っていたのですがレースの世界にもエコは着実に根付いているのですね。

いよいよスタート前予選で決まった位置に2列に整列した姿はとってもかっこいいです。

出場チームには中島悟監督率いる中島レーシングや近藤真彦監督率いるコンド、ーレーシング、ドライバーにはF1レーサーだった中島一貴選手や小林可夢偉選手などもいました。

ピットでのタイヤ交換や給油などの作業の様子、速さやチームワークも素晴らしかったです。

パドックウオークでピットの見学もできたし、楽しい1日をありがとうございました。

2015年8月 3日 (月)

M さんにささげる冷やしトマト

 今朝ファミエスさんから 新築時担当営業のM様が亡くなったという悲しい電話がありました。

 2日前にお見舞いにいらしたファミエスさんから昨日のお電話でもう意識もほとんどなくてわからない状態だったと聞いて、私もついこの間彼のことをなんとなく考えていたのでお別れに来てくれたのかな?でもまだまだ若いんだから頑張ってねと思っていた矢先でした。

 契約前ライバル社の名前とともにあみだくじを作ってハイムが当たったと喜んでいたり、 犬たちにズボンのすそを引っ張られて遊んでとねだられていたり、いよいよ正式にお返事するといった日にあまりに嬉しそうに電話に出たのでライバル社に決めたと嘘を言ったら絶句して5分の間に何でですかとしか言えなかった彼、いよいよ工場のラインに我が家が乗る日に一緒に見学に行ったこと、棟上げ当日にわかった外壁塗装ほかのミスから始まった一連の問題と解決、そして何よりお客様の生活をよく伺って一番合うように提案するよう心掛けていると言ってくれた彼、展示場で流してはダメといった私にわからないよう展示場2階でテレビほうそうされたDVDを流していたこと、今年の1月にもしずくが亡くなったことで電話してくれたこと・・

本当にたくさんの思い出があります。

病気で入院してると聞いたのは4月のこと、わずか半年足らず、42歳では本当に早すぎるお別れでした。

我が家の車庫には彼が残してくれた犬の絵があります。シズクをモデルに書いてくれたご自慢の絵です。(近所のおじさんにはタコに見えたらしい・・?)

デザイン室長さんが書いてくださったかわいいうさぎさんとともに御影石で埋められた絵はいつまでも消えることなくわが家を見守ってくれることでしょう!

彼が大好きだった冷やしトマトをお供えして今までの感謝と心からのご冥福をお祈りしたいと思います。

Mさん本当にお世話になりありがとうございました。愛犬のベルちゃん、我が家のクロ、チョロ、デブ、クロJR、シズクと遊んでやってくださいね。

 Dsc_0099  Dsc_0100

 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »