« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月18日 (水)

冷凍食品の日

 10月18日は冷凍のとう(10)と冷凍食品の管理温度が世界共通でマイナス18度以下であることから冷凍食品協会によって冷凍食品の日に定められたそうです。
 私は冷凍食品を買うことはあまりないのですが、日頃常備菜や肉、魚、野菜、果物などをよく冷凍しています。
冷凍食品売り場を見て、冷凍できるおかずなどの参考にしたり、保存期間の目安など家庭用冷蔵庫なので多少少なめに見積もって保存するようにしています。
トウモロコシやニンニク、ショウガなどは収穫時期に直売所などで新鮮で安いものを購入してトウモロコシは茹でてから実だけ、ニンニクは薄皮1枚残して小房に分けて、ショウガは丸のままやすり下ろしたものをそれぞれ冷凍保存袋に入れて冷凍しています。
チャーハンやラーメン、冷ややっこや生姜湯ほかいつでも使えるのでとっても便利です。
肉や魚は使う分を小分けにしてからラップで包み、いくつかを保存袋に入れます。
ブドウやイチゴなどは凍った状態で出して、シャーベット状の時に食べるととてもおいしいです。ミキサーでジュースも簡単にできます。
冬こたつに入って冷凍ブドウを食べるのって美味しいです。
ご飯も冷凍してあるし、油あげなどもそのまま刻んだものやきつねうどん用に煮たものなど用途に応じて分けて冷凍してあります。
冷凍食品をうまく使うと調理時間も短縮でき、煮物など箸休めの1品が簡単にできて、食材を使いきれなくて捨てたりすることがなくなるのでとってもエコだと思います。



 Dsc_0345   Dsc_0350
 

2017年10月11日 (水)

白熱電球とLED電球

 白熱電球に比べLED電球は寿命も長く、電気代が安いということは周知のことと思います。
 我が家の新築時にはまだLED電球は普及していなくて電球型蛍光灯に変えるのが省エネと言われていました。
その後切れたものから順次LEDに変えているのですが納戸の蛍光灯と2階廊下のダウンライト、とトイレはまだ白熱電球のままです。
もう15年目そろそろ切れるのだろうけど...
 電気代っていくらくらい違うのだろう?
 電球代は高いけど切れなくても取り換えた方がお得?
 気になるところです。
検索してみたら
 60wの白熱電球を1日8時間1年間使った場合の電気代   4730円 
 寿命 4~8か月   購入費用 1球 300円
 60w相当のLED電球を1日8時間1年間使った場合の電気代   576円
 寿命 14年~21年  購入費用 1球 3000円
 というのが見つかりました。
 電球の購入費も含めると1年間での差はあまりありませんがLEDが20年持ったと仮定すると白熱球が6か月もったとして20年では購入費だけでも300円×40=12000円対3000円、電気代は比べ物になら②のですからやっぱりLEDはお得なのですね。
でもこれは1日8時間つけていたと仮定したものなので廊下のダウンライトやトイレなどは切れてからで良いかなって思いました。
長時間つけている個所はLEDに変えて正解でした。
東京都では家庭で使っている白熱電球2個をLED電球1個との省エネアドバイス付きで無償交換していただけるみたいです。
うらやましい~~coldsweats01

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »